アロマ、アロマセラピー、アロマテラピー、アロマコーディネートの資格
アロマオイルの効能

アロマオイル効能topへ

wこのサイトを友達に教えるw

  • アロマテラピーとは?(資格)
  • アロマセラピーとは?(資格)
  • アロマテラピーと
    アロマセラピーの違い
  • アロマの資格色々
  • JMMAとは?(資格)
  • AEAJとは?(資格)
  • JAAとは?(資格)
  • NARD JAPANとは?(資格)
  • アロマテラピーbasicとは?(資格)
  • アロマアーチスト協会とは?(資格)
  • JFAAとは?(資格)
  • アロマの資格には様々なものがあります。近年、アロマの資格を取得させる学校が増え、仕事に繋がる資格としての認知も向上しています。

    アロマの資格取得の手段としては、JAA、AEAJ認定校への通学、各種書籍を購入して学習、通信教育等があげられます。

    アロマオイルの効能

    アロマテラピーは、芳香浴、沐浴(アロマバス、フットバスなど)、マッサージ、湿布、パック、ヘアートリートメントなどの様々な方法で美容と健康を増進させます。

    アロマの資格topへ

    アロマオイルの効能

    アロマテラピー(アロマセラピー)とは、主に芳香植物から抽出された100%天然の精油(エッセンシャルオイル)を使い、その香りがもたらす作用によって、 心身の不調和を癒し、バランスを取り戻し、生命力を高めることなどに役立てることができます。
    植物が持っている力を、身心の癒しに役立てようという考え方は、古代文明の時代からありました。
    精油の成分には薬理作用があり、それを突き詰めていくと医療と重なる部分が多くありますが、アロマテラピーは、いわゆる医療や医療行為ではありません。

    アロマオイルの効能

    アロマセラピー?アロマテラピー?
    アロマセラピーは英語読みで、アロマテラピーはフランス語読みです。大きく分けてイギリス系とフランス系の2つの流れがあります。。日本に伝わったアロマセラピーはイギリスに近いものです

    アロマ テラピー (アロマセラピー) とは、Aroma (香り)とTherapy (治療・療法) を合わせた言葉で、日本語では ”芳香療法” と訳されます。

    アロマの資格topへ

    アロマオイルの効能

    アロマセラピーは、植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)をさまざまな形で用いて、植物の持つ生命力やエネルギーを体内に取り込んでいき、心身をリラックス、リフレッシュすることに役立てようというものです。
    具体的には、精油を焚いて香りを楽しんだり、入浴やセルフマッサージに利用したり、オリジナルの自然化粧品や香水作りを楽しんだりすることもできます。
    また、お掃除やお洗濯などの家事に取り入れたり、最近ではペットのためのアロマテラピーが人気を集めるなど、私たちの生活の中で幅広く用いられています。 アロマセラピーには、精油の持つさまざまな成分を利用して、たくさんの使用方法があります。
    さらに、最近では、ストレス社会の影響から、「人を癒すことを仕事にしたい」と、 アロマセラピストのお仕事 を志す人も増えていて、リラクゼーションビジネス、ヒーリングビジネスとしても注目を集めています。
    日本にアロマテラピーが伝わってから、まだ日は浅く、精油も雑貨としての扱いですが、イギリス、フランス、アメリカなど欧米では古くから広がりを見せ、ヨーロッパでは、メディカルアロマテラピーとして、一部、医療に取り入れている国もあります。
    アロマテラピーは、決して難しいものではありませんが、利用法を間違えると、体に良くない影響を及ぼす場合がありますので、精油の特性や取り扱い方、禁忌事項など、正しい知識を学び、安全に楽しむことが重要です。
    また、精油は医薬品ではありませんので、体調が悪い時、病気の治療の時は、必ず、専門の医師の診断を受けましょう

    アロマの資格topへ

    アロマオイルの効能

    ・日本のアロマの資格
    アロマテラピーの資格は、国家資格ではなく、数ある民間の協会が認定するものです。そのため、資格を取得していなければ就業や開業ができないといったことはありませんが、現状のアロマ関連の求人では、有資格者を優遇するケースが多く見られますので、お仕事に就職を目指す方にとって資格取得は必須項目といっても過言ではありません。
    これは、独立開業を目指す方にとっても同じで、学習で身につけた知識を客観的に認知してもらい信頼性を得るために、資格取得はとても有効です。
    アロマテラピーの協会は、国内外にたくさんあり、独自の目的や活動内容を持っています。
    会員数が何万人単位で幅広い活動をしている協会から、特定の方向けの少数精鋭のものまで、その規模はもちろんのこと、 アロマテラピーを一般に広く普及させることに活動の重点をおいた協会、医療従事者向けの協会等、活動の目的もさまざまです。
    活動の目的や内容が違えば、当然それぞれの協会により、資格認定の基準や受講カリキュラムは異なりますので、資格取得にかかる期間、費用なども変わってきます。

    アロマの資格topへ

    アロマオイルの効能

    アロマテラピーの資格・試験
    各学校や団体の民間資格になり、受講資格などは特にはありません。
    民間の資格ではありますがアロマテラピーで使用する精油に対する正しい知識と使用方法を身に付けていれば、個人が家庭での健康管理や応急処置に使用することができると考えられます。しかし裏返せば正しい知識を持たずに、また適切な使用方法を知らずに無闇な利用をすると、健康を損なってしまう場合もあり得るという事です。

    アロマの資格topへ

    アロマオイルの効能

    アロマテラピー協会

    日本メディカルアロマテラピー協会(JMAA)

    講習修了後の認定試験に合格すると、認定資格を取得することができます。講習は、全て個人講習または少人数グループ講習です。メディカルアロマテラピーについて、深い理解を得ることができます
    日本メディカルアロマテラピー協会認定資格には、アドバイザーとスペシャリストという二つのランクがあります。また、それぞれにい日本メディカルアロマテラピー協会認定資格には、アドバイザーとスペシャリストという二つのランクがあります。また、それぞれにいくつかの種別があります。

    JMAA認定資格を取得するには、JAMM認定スクールにて資格取得に必要な講座を修了し、認定試験(筆記・面接)に合格しなければなりません。
    講座の種類
    初級基礎講座
    初級応用講座
    中級講座

    アロマの資格topへ

    アロマオイルの効能

    AEAJ(社)日本アロマ環境協会

    一般対象の資格であるアロマテラピー検定のほかに、プロフェッショナルな知識レベルを求める会員対象の資格として、アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピストの資格認定をしています。
    アロマテラピー検定、アロマテラピーアドバイザー、インストラクター、アロマセラピストの資格認定

    <出題範囲> 検定テキスト2級
    ・香りテスト(香りを嗅いで精油名を答える問題)
    ・アロマテラピー利用法
    ・安全のための注意
    ・精油のプロフィール(対象10種類)
    ・精油の基礎知識
    ・アロマテラピーの歴史 など
    以上のような事柄を理解している。
    イランイラン オレンジ・スイート ジュニパー ゼラニウム ティートリー
    ペパーミント ユーカリ ラベンダー レモン ローズマリー
    出題数:38問
    <出題範囲> 検定テキスト2級・1級
    ・香りテスト(香りを嗅いで精油名を答える問題)
    ・アロマテラピー利用法と基材
    ・精油のプロフィール(対象20種類)
    ・精油が働くしくみ
    ・ストレスや疲労に負けない健康学
    ・アロマテラピーに関係する法律 など
    2級の内容に加え、以上のような事柄を理解している。
    2級に加え以下の10種
    カモミール・ローマン クラリセージ グレープフルーツ サンダルウッド
    ネロリ※ フランキンセンス ベルガモット スイートマージョラム
    レモングラス ローズオットー※
    ※香りテスト対象外

    出題数:48問(分野別の出題数は公表しておりません)

    アロマの資格topへ

    アロマオイルの効能

    ・JAAとは?
    日本アロマ コーディネーター協会
    日本最大級のアロマテラピー協会。1995年設立
    アロマコーディネーターライセンスを取得する為には、JAAが指定するスクールの所定のカリキュラムを修了し、JAAが実施するアロマコーディネータライセンス認定試験に受験し、JAAの正会員として登録をする必要があります。
    修了証の発行を受けた方は、毎年3回(2・6・10月)当校にて実施されるアロマコーディネーター認定試験の受験資格を得ることができます。

    アロマコーディネーター認定試験に合格し、協会の※正会員登録を済ませると、アロマコーディネーターの認定証が発行されます。

    アロマコーディネーター資格を取得後は、トリートメントや化粧品作りなど、ご自身でアロマセラピーを楽しむことはもとより、 アロマサロンやアロマショップのスタッフ等、アロマ関係のお仕事に就職したり、 独立開業してお仕事として取り組む方もたくさんいらっしゃいます。

    アロマの資格topへ

    アロマオイルの効能

    NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)

    NARDアロマアドバイザー

    アロマアドバイザー資格の概要

    NARDアロマアドバイザー資格は、ナード・アロマテラピー協会の認定資格で 、認定校の所定の講座を受講し、資格認定試験に合格することで資格を得る事が出来ます。 この資格は、ナード・ジャパン(ナード・アロマテラピー協会)独自の資格認定制度によるものです。
    フランス式のメディカルアロマテラピーの基礎・応用知識を学習して、生活の中に活かすことはもちろん、アロマショップ、スクール、エステテティックサロン・アロマセラピーサロンをはじめ、スポーツクラブや医療分野、老人介護、福祉施設など多くの分野で活用されています。

    アロマアドバイザー資格対応講座は、基礎コース・応用コースに分かれ、それぞれ専用のテキストを使用して学習します。

    基礎コースでは、アロマテラピーの基礎知識を学び、実際に精油を使ってコロン、化粧水、スキンクリーム、マッサージオイル、石ケンなどを作る実習をしながら日常でのアロマテラピーの取り入れ方を学びます。

    応用コースでは、基礎コースからさらに深く学習します。精油の人体に対する作用や、精油の化学について学び、目的に合わせた精油のブレンド方法、使用方法を習得します。

    アロマに関するお仕事に役立てるために、精油の成分やブレンドについて、より詳しく学びたい方におすすめの資格です。 アロマスクールラヴァーレは、NARDアロマテラピー協会(NARD・JAPAN)の認定校として、協会認定の共通テキストを使用したアロマアドバイザー講座を開講しています。

    アロマアドバイザー試験を受験するには、まず、NARDアロマテラピー協会に会員登録をした後、上記の基礎・応用コースを修了します。(試験は当校にて随時実施されます。)
    アロマアドバイザー資格を取得後は、所定のインストラクターコースを受講することで、アドバイザーを養成する講師資格であるアロマインストラクター試験にチャンレンジしていただくことができます
    各認定コースのスクールを受講し、
    資格認定試験を受けることでナード認定の資格を得る事が出来ます。

    この資格は、ナード・ジャパン(ナード・アロマテラピー協会)独自の
    資格認定制度によるものです。
      カリキュラムについて各コースの講座案内
    アロマテラピーベイシック

    ◆アロマ・アドバイザーコース

    ◆アロマ・インストラクターコース (アドバイザー養成の講師資格であるアロマ・インストラクターを目指す方、基礎・応用コースの更なる知識向上を求める方のコースです。)

    ◆アロマ・トレーナーコース (アロマ・セラピストコースを教える講師になるには、アロマセラピスト・トレーナーの資格を取得する事が必要です。)

    ◆アロマ・セラピストコース (アロマトリートメントを学ぶセラピストコース)

    アロマの資格topへ

    アロマオイルの効能

    アロマテラピーの入門編としてAromatherapy Basic(アロマテラピーベイシック)
    楽しく生活に密着したアロマテラピーを学ぶ講座です。
    アロマテラピーベイシックは5つのコースから成り立ち
    ●1つのコースは5〜7レッスンで構成されています

    アドバイザーコース
    主な授業内容
    アロマテラピーの基礎知識、日常でのアロマテラピーの取り入れ方について学び、実際に精油を使ってコロン、化粧水、スキンクリーム、マッサージオイル、石ケンなどを作る実習を通 して学びます。
    ◆ アロマテラピーとは
    ◆ 精油とは
    ◆ 精油の製造法
    ◆ 芳香分子の人体への作用
    ◆ 嗅覚と脳の働き
    ◆ 精油に含まれる化学成分
    ◆ 精油の取扱い上の注意
    ◆ キャリアオイルについて
    ◆ 精油の薬理作用
    ◆ 美容効果
    ◆ 香りのノートについて
    ◆ ホームケアの基礎知識
    ◆ 精油のリラックス・リフレッシュ作用の分類と精神状態に合った精油選択について

    【授業対象の精油】イランイラン ネロリ ユーカリ・レモン
    ウィンターグリーン バジル ラベンサラ
    カモマイル・ローマン パルマローザ ラベンダー・アングスティフォリア
    クラリーセージ プチグレン レモン
    サイプレス ペパーミント レモングラス
    シナモン・カッシア ヘリクリサム ローズ
    ジュニパー マジョラム ローズウッド
    ゼラニウム・エジプト マンダリン ローズマリー・カンファー
    ティートゥリー ユーカリ・ラディアタ ローズマリー・シネオール
    ニアウリCT1

    応用コース■■■
    本コースは、基礎コースから更に深く学び、精油の人体に対する作用、精油の化学について学び精油を目的に合わせた使用法で、ブレンドが出来る知識を実習と合わせて習得します。

    主な授業内容】

    ◆ 精油の化学(精油に含まれる芳香分子の化学組成と分類)
    ◆ 精油の精神薬理学(自律神経系・内分泌系 ・免疫系への影響)
    ◆ ホームケア(沐浴)
    ◆ アロマトリートメント(目的に合わせたトリートメント オイルのブレンド、トリートメント法)
    ◆ 精油のノートを考えた調香
    ◆ 体質に合った精油ブレンド (芳香分子の電気座標系と体質分類)

    【授業対象の精油】基礎コースにプラス

    オレンジ・スィート ジャスミン ベンゾイン
    オレンジ・ビター ジンジャー ミルラ
    カモマイル・ジャーマン セージ ユーカリ・グロブルス
    グレープフルーツ タイム・ツヤノール ユーカリ・ディベス
    クローブ タナセタム ラベンダー・ストエカス
    コリアンダー タラゴン ラベンダー・スーパー
    サンダルウッド パチュリー ラベンダー・スピカ
    シダー フランキンセンス リトセア
    シトロネラ・ジャワ ベルガモット ローレル

    アロマの資格topへ

    アロマオイルの効能

    日本アロマアーチスト協会

    養成講座は毎年3回(2月〜5月 6月〜9月 10月〜翌年1月)
    認定 講座終了後に筆記試験と精油鑑定試験が行われます。
    試験合格者には認定証を授与します(有料)。認定後、希望者は協会に入会できます。

    アロマの資格topへ

    アロマオイルの効能

    J.F.A.A
    「日仏フィト・アロマテラピー協会」
    J.F.A.A検定はフランスのメディカルアロマテラピーを実際に利用するために必要な基本的知識を修得しているかを検定する試験です。これからアロマテラピーを学ぼうという方に勉強や知識の活用の指針として役立つ事を目的としています。会員、非会員問わず、希望する方はどなたでも受検できます。
    J.F.A.A検定2級は、特にセルフケアに必要な知識を出題対象としています
    2級検定試験の内容

    @精油の一般的な特徴とフランスメディカルアロマテラピーの基礎
    精油とは、アロマテラピーとは

    アロマテラピーに用いる精油の品質の基準
    精油の抽出法
    精油の化学的特性、成分分析・成分表の意義
    A芳香分子の基本とその分類
    酸類、アルデヒド類、エステル類、エーテル類、モノテルペン類、モノテルペノール類、オキサイド類、フェノール類、ケトン
    B日常的に使用される12種類の精油の性質、芳香成分の構成、作用特性、利用法
    ローズマリー シネオール、ユーカリラディアタ、 ラヴィンサラ 、ペパーミント、ゼラニウム、ローマンカモマイル、タイムチモール、ティートゥリー、ニアウリ、ビターオレンジ・葉、スウィートオレンジ、ラベンダー
    以上の内容について理解していることを検定します。
    試験は選択問題と記述問題から成ります
    J.F.A.A検定1級は、家族や友人にメディカルアロマテラピーを紹介するために必要な知識を出題対象としています。2級検定で修得した精油やアロマテラピーの基本的情報を踏まえ、人に優しく安全なアロマテラピーを実践し、その楽しさ、素晴らしさを伝えるための適切な知識を持っているか、その達成度を試験します。
    1級検定試験の内容
    @安全なアロマテラピーのために

    安全にアロマテラピーを実践するために守らなければならない重要事項

    Aベースオイル

    アロマテラピーで使うベースオイルについて

    A芳香分子の基本とその分類

    ジオン類、ジテルペノール類、セスキテルペノール類、セスキテルペン類、アズレン類、含窒素化合物類、含硫黄化合物類、クマリン類

    B日常的に使用される12種類の精油の性質、芳香成分の構成、作用特性、利用法

    イランイラン、シナモン(樹皮、葉)、ネロリ、マンダリン(果皮、葉)、サイプレス、ヘリクリサムイタリカム、ジャーマンカモミール、ローリエ、レモンバーム、バジル、マジョラム、クラリセージ

    以上の内容について理解していることを検定します。
    試験は選択問題と記述問題から成ります。

    アロマの資格topへ

    アロマオイルの効能

    アロマオイル効能topへ